アフリカ

カメルーン共和国の国歌「おおカメルーン 我らが先祖のゆりかご」

2015/12/27

曲名
おおカメルーン 我らが先祖のゆりかご / フランス語:Ô Cameroun, Berceau de nos Ancêtres / 英語:O Cameroon, Cradle of Our Forefathers
作詞
René Djam Afame / Samuel Minkio Bamba / Moïse Nyatte Nko'o
作曲
René Djam Afame
採用時期
1957年
Reunification Monument - Yaounde
Reunification Monument - Yaounde / Mark Fischer

スポンサーリンク

カメルーン共和国の国歌「おおカメルーン 我らが先祖のゆりかご」の解説

カメルーン共和国の国歌「O Cameroon, Cradle of our Forefathers」は、カメルーンでは「Chant de Ralliement」(The Rallying Song)とも呼ばれています。

作曲はRené Djam Afame、作詞はRené Djam Afame、Samuel Minkio Bamba、Moïse Nyatte Nko'oによって手掛けられています。

この曲は、もともとカメルーンが1960年に独立する以前の1948年から歌われていた曲で、フランス領カメルーンに自治が認められた1957年に正式に国歌として採用されています。

なお、1978年に歌詞が変更されています。

Yaoundé, Cameroon
Yaoundé, Cameroon / Fiona Bradley
National Museum of Art, Yaounde
National Museum of Art, Yaounde / AfricaTravelAssociation
Yaoundé, Cameroon
Yaoundé, Cameroon / Fiona Bradley
Cameroon
Cameroon / treesftf

カメルーン共和国国歌の歌詞

フランス語:Ô Cameroun, Berceau de nos Ancêtres

英語:O Cameroon, Cradle of Our Forefathers

Ô Cameroun berceau de nos ancêtres,
Va debout et jaloux de ta liberté,
Comme un soleil ton drapeau fier doit être,
Un symbole ardent de foi et d'unité.
Que tous tes enfants du Nord au Sud,
De l'Est à l'Ouest soient tout amour,
Te servir que ce soit le seul but,
Pour remplir leur devoir toujours.

CHORUS:
Chère Patrie, Terre chérie,
Tu es notre seul et vrai bonheur,
Notre joie et notre vie,
En toi l'amour et le grand honneur.

Tu es la tombe où dorment nos pères,
Le jardin que nos aïeux ont cultivé.
Nous travaillons pour te rendre prospère,
Un beau jour enfin nous serons arrivés.
De l'Afrique sois fidèle enfant
Et progresse toujours en paix,
Espérant que tes jeunes enfants
T'aimeront sans bornes à jamais.

CHORUS:
Chère Patrie, Terre chérie,
Tu es notre seul et vrai bonheur,
Notre joie et notre vie,
En toi l'amour et le grand honneur.

O Cameroon, Thou Cradle of our Fathers,
Holy Shrine where in our midst they now repose,
Their tears and blood and sweat thy soil did water,
On thy hills and valleys once their tillage rose.
Dear Fatherland, thy worth no tongue can tell!
How can we ever pay thy due?
Thy welfare we will win in toil and love and peace,
Will be to thy name ever true!

CHORUS:
Land of Promise, land of Glory!
Thou, of life and joy, our only store!
Thine be honour, thine devotion,
And deep endearment, for evermore.

From Shari, from where the Mungo meanders
From along the banks of lowly Boumba Stream,
Muster thy sons in union close around thee,
Mighty as the Buea Mountain be their team;
Instil in them the love of gentle ways,
Regret for errors of the past;
Foster, for Mother Africa, a loyalty
That true shall remain to the last.

CHORUS:
Land of Promise, land of Glory!
Thou, of life and joy, our only store!
Thine be honour, thine devotion,
And deep endearment, for evermore.

Youtube動画ファイルによるカメルーン共和国の国歌の視聴

演奏バージョン。

独唱バージョン。

合唱バージョン。

カメルーン共和国の概要

正式国名
カメルーン共和国 / 英語:Republic of Cameroon / フランス語:République du Cameroun
独立
1960年1月1日にフランスから独立(西南部は1961年にイギリスから)
首都
ヤウンデ(Yaoundé)
面積
475,440km2(52位)
人口
20,500,000人(2012年総計)
政治体制
大統領を国家元首とする共和制。大統領に強い権力が与えられており、一院制の議会に図ることなく行使できます。一院制の議会の議席は180人で、年3回開催。
民族構成
南部と西部はバンツー系のファン族、バミレケ族、バカ・ピグミー。北部はスーダン系のドゥル族、フラニ族(サヘルに居住)など。民族集団は275以上に分かれています。
言語
公用語はフランス語、英語。他にファン語、フラニ語など。なお、英語は旧イギリス領カメルーンの領域だった北西州と南西州のみで使われており、一方、国民の大多数を占めるドゥアラ、首都ヤウンデを含む多くの地域ではフランス語が使われ、英語はあまり通じません。
宗教
キリスト教が人口の約40%、イスラム教が約30%、アフリカの伝統宗教が約30%。 その他、 約40,000人のバハーイー教徒がいる他、カメルーンやガボンや赤道ギニア沿岸部のバントゥー系民族グループのいくつかでは、呪物崇拝が信仰されています。
通貨
CFAフラン(XAF)

スポンサーリンク

-アフリカ
-