アフリカ

セネガル共和国の国歌「コラを弾け、バラフォンを叩け」

2015/10/15

曲名
コラを弾け、バラフォンを叩け / Pincez Tous vos Koras, Frappez les Balafons
作詞
レオポルド・セダール・サンゴール(Léopold Sédar Senghor)
作曲
Herbert Pepper
採用時期
1960年
Dakar Senegal - Looking North
Dakar Senegal - Looking North / Jeff Attaway

スポンサーリンク

セネガル共和国国歌「コラを弾け、バラフォンを叩け」の解説

セネガルの国歌「コラを弾け、バラフォンを叩け」(Pincez Tous vos Koras, Frappez les Balafons)の歌詞は、初代大統領でアカデミー・フランセーズ会員でもあったレオポルド・セダール・サンゴール(Léopold Sédar Senghor)が手掛けています。メロディは、中央アフリカ共和国の国歌も手掛けたHerbert Pepperが作曲しています。

コラ(kora)は、西アフリカが発祥のリュート型撥弦楽器です。長いネックを持ち、ヒョウタンの共鳴胴、そして21本の弦が特徴で、アフリカの民族楽器の中でも最も美しい音色を持つ楽器の一つです。ハープやギターの原型とも言われ、セネガル、ガンビア、マリ、ギニア、ブルキナファソなどの国々で300年以上に渡って受け継がれてきましたが、特にセネガルとガンビアに代表されます。

一方、バラフォンはマリンバ (Marimba)とも呼ばれる鍵盤打楽器です。ピアノと同様の配列をした木製の鍵盤を、マレットと呼ばれる枹・ばちで叩いて演奏します。世界中に同種の楽器がありますが、起源はアフリカにあると言われ、木の板を並べた下にひょうたんをぶら下げて共鳴管の役割を果たしていたと言われています。

フランスから独立した1960年に国歌として採用されています。

セネガル共和国国歌の歌詞

フランス語:Pincez tous vos koras, frappez les balafons

英語訳:Everyone strum your koras, strike the balafons

日本語訳:コラを弾け、バラフォンを叩け

Pincez tous vos koras, frappez les balafons.
Le lion rouge a rugi.
Le dompteur de la brousse
D'un bond s'est élancé,
Dissipant les ténèbres.
Soleil sur nos terreurs, soleil sur notre espoir.
Debout, frères, voici l'Afrique rassemblée

Refrain :
Fibres de mon cœur vert.
Épaule contre épaule, mes plus que frères,
O Sénégalais, debout !
Unissons la mer et les sources, unissons la steppe et la forêt !
Salut Afrique mère, salut Afrique mère.

Sénégal toi le fils de l'écume du lion,
Toi surgi de la nuit au galop des chevaux,
Rend-nous, oh ! rends-nous l'honneur de nos ancêtres,
Splendides comme ébène et forts comme le muscle
Nous disons droits - l'épée n'a pas une bavure.

(Refrain)

Sénégal, nous faisons nôtre ton grand dessein :
Rassembler les poussins à l'abri des milans
Pour en faire, de l'est à l'ouest, du nord au sud,
Dressé, un même peuple, un peuple sans couture
Mais un peuple tourné vers tous les vents du monde.

(Refrain)

Sénégal, comme toi, comme tous nos héros,
Nous serons durs sans haine et des deux bras ouverts.
L'épée, nous la mettrons dans la paix du fourreau,
Car le travail sera notre arme et la parole.
Le Bantou est un frère, et l'Arabe et le Blanc.

(Refrain)

Mais que si l'ennemi incendie nos frontières
Nous serons tous dressés et les armes au poing :
Un peuple dans sa foi défiant tous les malheurs,
Les jeunes et les vieux, les hommes et les femmes.
La mort, oui! Nous disons la mort, mais pas la honte.

(Refrain)

Everyone strum your koras, strike the balafons.
The red lion has roared.
The tamer of the savannah
Has leapt forward,
Dispelling the darkness.
Sunlight on our terrors, sunlight on our hope.
Stand up, brothers, here is Africa assembled.

Chorus:
Fibres of my green heart,
Shoulder to shoulder, my more-than-brothers,
O Senegalese, arise!
Join sea and springs, join steppe and forest!
Hail mother Africa, hail mother Africa.

Senegal, you the son of the lion's froth,
Sprung from the night to the gallop of horses,
Give us, oh! give us the honour of our ancestors,
Splendid as ebony and strong as muscle,
We say it clearly – the sword has no flaw.

Chorus

Senegal, we take on your great work:
To shelter the chicks from the falcons,
To make, from east to west, north to south,
Arisen, one single people, a people without seams,
But a people turned to all the winds of the earth.

Chorus

Senegal, like you, like all our heroes,
We will be hard without hatred, with two open arms.
The sword in peace-time we will store in the scabbard,
For work and words will be our weapon.
The Bantu is a brother, and so is the Arab and the White.

Chorus

But if the enemy burns our borders
We will be risen with weapons in our hands:
One people defying all sorrows with its faith,
Young and old, men and women.
Death, yes! We say death, but not shame.

Chorus

コラを弾き鳴らせ、バラフォンを叩け
赤いライオンが支配した
荒野の獣使いが
一跳びで駆け出し
その暗闇を打ち砕いた
われわれの恐怖を照らす太陽、 希望を照らす太陽
立ち上がれ、兄弟たちよ、アフリカはここに集結する

くりかえし:
私の緑色の心の奥,
肩と肩を、兄弟以上に
セネガル人よ、立ち上がれ
海と源泉をひとつにあわせよう、荒野と森をひとつにあわせよう
母なるアフリカよ、 母なるアフリカよ

セネガルよ、ライオンの汗の息子である君よ
闇夜より騎乗疾駆で表れしきみよ
われわれに返してくれ、 先祖の名誉を返しておくれ
黒檀のように光り輝き、筋肉のように強い
われわれははっきりという、その剣に汚れはない

(くりかえし)

セネガルよ、われわれは君を大きく描いた:
鳶の巣の中の雛たちに似ている
そこから、東から西へ、北から南へ
ひとつの同じ民に、つなぎ目のないひとつの民へ鍛え上げるために
そして世界中の風に乗る民へと

(くりかえし)

セネガルよ、君のように、われわれの英雄すべてのように
われわれは憎しみを捨て、辛抱し両腕を広げる
平和であれば、剣は鞘に収めよう。
労働と、そして対話がわれわれの武器なのだから
バンツーも、アラブ人も、白人も兄弟だ

(くりかえし)

しかしもし、敵がわれわれの国境に火を放てば
われわれは立ち上がり、武器を手に取るだろう
民は信念を持ちすべての不幸に挑む
老いも若きも、男も女も
死も、 われわれは恥よりも死を選ぶ

(くりかえし)

Dakar ......towards temple-like market
Dakar ......towards temple-like market / Fotorus
African Renaissance Monument
African Renaissance Monument / Jeff Attaway
Camino a Diembéring
Camino a Diembéring / Ángel Hernansáez
Dunas Loumpoul, Senegal
Dunas Loumpoul, Senegal / jpereira_net
Senegal 2006
Senegal 2006 / ho visto nina volare

Youtube動画ファイルによるセネガル共和国の国歌の視聴

演奏バージョンです。

2012年ロンドン・オリンピックの演奏バージョンです。

女性たちによる合唱バージョンです。

概要

正式国名
セネガル共和国 / République du Sénégal / Republic of Senegal
独立
1960年4月4日マリ連邦としてフランスから独立。8月20日にはマリ連邦から分離しセネガル共和国として単独国家に。
首都
ダカール(Dakar)
面積
196,190km2(85位)
人口
13,100,000人(2012年総計)
政治体制
:共和制。議会は二院制(下院120議席、議員任期5年、上院100議席)
民族構成
ウォロフ人42.7%、セレール人14.9%、プル人14.4%、トゥクロール人9.3%、ジョラ人5.3%、マンディンカ人3.6%、ソニンケ人(Sarakhole)1.7%、バンバラ族1.3%、ムーア人(Maure)1.0%、他。
言語
公用語は、植民地支配の影響から現在もフランス語。現地語にはウォロフ語、セレール語、プル語、ジョラ語、マンディンカ語などニジェール・コンゴ語族に属する各民族言語があり、特にウォロフ語は事実上の共通語として、北部を中心にセネガル全土で離されています。なお、11世紀に始まったセネガルのイスラム化の流れから、セネガルの民族語はアラビア語の語彙を受け入れてきており、非公式ながらアラビア文字表記も使われています。
宗教
18世紀から19世紀にかけてイスラム化が進み、イスラム教が多数を占めています。セネガルの人口の94%がイスラム、約5%がカトリック教会を主とするキリスト教、1%が在来の伝統宗教。
通貨
CFAフラン(XOF)

スポンサーリンク

-アフリカ
-,