アジア

スリランカ国歌「母なるスリランカ」(Sri Lanka Matha)

2017/06/01

曲名
母なるスリランカ / シンハラ語: ශ්‍රී ලංකා ජාතික ගීය(Sri Lanka Matha) / タミル語: சிறீ லங்கா தாயே(Sri Lanka Thaaye) / 英語:Mother Sri Lanka
作詞
アーナンダ・サマラコーン(Ananda Samarakoon)1940年)
作曲
アーナンダ・サマラコーン(Ananda Samarakoon)
採用時期
1951年
Sri Lanka Memorial
Sri Lanka Memorial / heyjoewhereyougoinwiththatguninyourhand

スポンサーリンク

スリランカ国歌「母なるスリランカ」の解説

スリランカの国歌「母なるスリランカ」は、まだスリランカがイギリスの植民地支配を受けていた1940年に、シンハラ人のアーナンダ・サマラコーン(Ananda Samarakoon)によって作詞・作曲されています。

アーナンダは、インドの詩人にして思想家であるラビンドラナート・タゴール(インド国歌及びバングラデシュ国歌の作詞・作曲者)の薫陶を受けており、曲はタゴールの音楽に影響を受けたものと言われています。

歌詞の内容は、スリランカの自由、そして統一と独立への思いをスリランカに対する賛辞として書かれています。曲は特に国歌を意識して作られたものではありませんでしたが、1940年代のスリランカで非常な人気を博しました。

そして、1948年にスリランカがイギリスから独立し、その3年後の1951年11月22日に正式に国歌として採用されています。

なお、歌詞はスリランカの公用語であるシンハラ語とタミル語それぞれのバージョンがあり、シンハラ語では「Sri Lanka Matha」と呼ばれ、タミル語では「Sri Lanka Thaaye」と呼ばれています。

Girl close-up
Girl close-up / Marco Zanferrari
Negombo Beach, Sri Lanka
Negombo Beach, Sri Lanka / S Baker
sri lanka 006
sri lanka 006 / BoJay

スリランカ国歌「母なるスリランカ」の歌詞

シンハラ語歌詞のアルファベット表記:Sri Lanka Matha

タミル語のアルファベット表記:Sri Lanka Thaaye

英語訳:Mother Sri Lanka

Sri Lanka Matha, apa Sri Lanka,
Namo Namo Namo Namo Matha.
Sundara siri barini,
Surendi athi Sobamana Lanka
Dhanya dhanaya neka mal pala thuru piri, Jaya bhoomiya ramya.

Apa hata sapa siri setha sadana, jeevanaye Matha!
Piliganu mena apa bhakti pooja,
Namo Namo Matha.
Apa Sri Lanka,
Namo Namo Namo Namo Matha,
apa Sri Lanka, Namo Namo Namo Namo Matha.

Obave apa vidya, Obamaya apa sathya
Obave apa shakti, Apa hada thula bhakti
Oba apa aloke, Aapage anuprane
oba apa jeevana ve, Apa muktiya obave
Nava jeevana demine
Nnithina apa Pubudu karan matha

Gnana veerya vadavamina ragena yanu
mena jaya bhoomi kara
Eka mavekuge daru kala bavina
yamu yamu wee nopama
Prema vada sama bheda durara da Namo Namo Matha
Apa Sri Lanka,

Namo Namo Namo Namo Matha.
Apa Sri Lanka,
Namo Namo Namo Namo Matha!

Srii langkA thAyE - wam Srii langkA
wamO wamO wamO wamO thAyE

wallezil poli sIraNi
walangkaL yAvum niRai vAnmaNi langkA
njAlam pukaz vaLa vayal wathi malai malar
waRunjsOlai koL langkA
wamathuRu pukalitam ena oLirvAy
wamathuthi El thAyE
wamathalai ninathati mEl vaiththOmE
wamathuyirE thAyE - wam Srii langkA
wamO wamO wamO wamO thAyE

wamathAraruL AnAy
wavai thavir uNarvAnAy
wamathOr valiyAnAy
wavil suthanthiram AnAy
wamathiLamaiyai wattE
waku mati thanaiyOttE
amaivuRum aRivutanE
atalseRi thuNivaruLE - wam Srii langkA
wamO wamO wamO wamO thAyE

wamathOr oLi vaLamE
waRiya malar ena nilavum thAyE
yAmellAm oru karuNai anaipayantha
ezilkoL sEykaL enavE
iyaluRu piLavukaL thamai aRavE
izivena nIkkituvOm
Iza sirOmaNi vAzvuRu pUmaNi
wamO wamO thAyE - wam Srii langkA
wamO wamO wamO wamO thAyE

Mother Lanka we worship Thee!
Plenteous in prosperity, Thou,
Beauteous in grace and love,
Laden with corn and luscious fruit
And fragrant flowers of radiant hue,
Giver of life and all good things,
Our land of joy and victory,
Receive our grateful praise sublime,
Lanka! we worship Thee.

Thou gavest us Knowledge and Truth,

Thou art our strength and inward faith,
Our light divine and sentient being,
Breath of life and liberation.
Grant us, bondage free, inspiration.
Inspire us for ever.
In wisdom and strength renewed,
Ill-will, hatred, strife all ended,
In love enfolded, a mighty nation
Marching onward, all as one,
Lead us, Mother, to fullest freedom.

スリランカ国歌『母なるスリランカ』をYoutubeで視聴

スリランカ国歌『母なるスリランカ』の演奏のみのバージョンです。

スリランカ国歌『母なるスリランカ』のシンハラ語バージョンです。

子供たちによる、可愛らしい歌声のバージョンです。

スリランカの概要

正式国名
スリランカ民主社会主義共和国(Democratic Socialist Republic of Sri Lanka)
首都
スリ・ジャヤワルダナプラ・コッテ(Sri Jayawardenepura Kotte)
独立
1948年2月4日にイギリス連邦内の自治領(英連邦王国)として独立。
面積
65,610km2(119位)
人口
20,277,597人(57位 / 2012年総計)
政治体制
共和制。 大統領制と議院内閣制が混合した体制で、国会は総議席数225の一院制。
民族構成
シンハラ人が人口の74.9%、タミル人が15.4%、ムーア人が9.2%、その他、混血のバーガー人とユーラシアン、先住民のヴェッダ人、他(2012年センサス)。
言語
シンハラ語とタミル語が国語かつ公用語で、英語も連結語として認められています。ほとんどの国民は、シンハラ人はシンハラ語、タミル人はタミル語という具合に、それぞれの民族語を話しています。
宗教
国民の7割が仏教徒で、次いでヒンドゥー教、イスラム教が信仰されています。キリスト教も1割弱存在しています。
通貨
スリランカ・ルピー(Rs.)

スポンサーリンク

-アジア
-