ヨーロッパ

エストニア共和国の国歌「我が故国、我が誇りと喜び」

2016/10/12

曲名
我が故国、我が誇りと喜び / エストニア語:Mu isamaa, mu õnn ja rõõm / 英語:My Fatherland, My Happiness and Joy
作詞
ヨハン・ヴォルデマル・ヤンセン (Johann Voldemar Jannsen) 1869年
作曲
フレドリク・パーシウス (Fredrik Pacius / Friedrich Pacius) 1848年
採用時期
1920年
Estonia_1596B - Goodbye Estonia - Hello Russia
Estonia_1596B - Goodbye Estonia - Hello Russia / archer10 (Dennis) (55M Views)

スポンサーリンク

エストニア共和国国歌「我が故国、我が誇りと喜び」の解説

エストニア国歌「我が故国、我が誇りと喜び」(ストニア語:Mu isamaa, mu õnn ja rõõm)は、 1848年にフレドリク・パーシウスによって作曲され、1869年にヨハン・ヴォルデマル・ヤンセンによって歌詞が書かれています。

この歌は、1869年のグランド・ソング・フェスティバルで合唱曲として歌われたところ、瞬く間にエストニアのナショナリズムのシンボルのようになりました。エストニアの独立戦争の後、1920年に公式にエストニア国歌として採用されています。

第二次世界大戦末期の1944年にソ連軍に併合されてからは禁止され、 1945~1990年の期間は別の曲が国歌とされていました。

ソ連邦崩壊直前の1990年には、エストニア共和国の国歌として復権しています。

なお「我が故国、我が誇りと喜び」(Mu isamaa, mu õnn ja rõõm )のメロディはフィンランド国歌「我等の地」(Maamme)とほぼ同じものです。

Estonia_1536 - Town Hall Square
Estonia_1536 - Town Hall Square / archer10 (Dennis) (55M Views)
Alexander Nevsky Cathedral, Tallinn_Estonia
Alexander Nevsky Cathedral, Tallinn_Estonia / Jaafar Alnasser Photography
Heaven is definitely a place on earth.
Heaven is definitely a place on earth. / MacBeales
Christmas market, after hours. Raekoja plats, Tallinn, Estonia
Christmas market, after hours. Raekoja plats, Tallinn, Estonia / jit bag

エストニア共和国の国歌「我が故国、我が誇りと喜び」の歌詞

エストニア語:Mu isamaa, mu õnn ja rõõm

英語:My Fatherland, My Happiness and Joy

1
Mu isamaa, mu õnn ja rõõm, Kui kaunis oled sa! Ei leia mina iial tääl See suure laia ilma pääl, Mis mull' nii armas oleks ka Kui sa, mu isamaa!

2
Sa oled mind ju sünnitand Ja üles kasvatand; Sind tänan mina alati Ja jään sul truuks surmani! Mul kõige armsam oled sa, Mu kallis isamaa!

3
Su üle Jumal valvaku, Mu armas isamaa! Ta olgu sinu kaitseja Ja võtku rohkest' õnnista' Mis iial ette võtad sa, Mu kallis isamaa!

1
My fatherland, my joy and happiness, How beautiful you are! I shall not find such ever In this huge wide world Which would be so dear to me As you, my fatherland!

2
You have given me birth And raised me up; I shall thank you always And remain faithful to you 'til death, To me most beloved are you, My precious fatherland!

3
May God watch over you, My precious fatherland! Let Him be your defender And provide bountiful blessings For whatever you undertake, My precious fatherland!

エストニア共和国の国歌の視聴(Youtube動画ファイル)

演奏バージョンです。

合唱バージョンです。

音楽イベントでの人々の合唱バージョン。

エストニア共和国の概要

正式国名
エストニア共和国 / エストニア語:Eesti Vabariik / 英語:Republic of Estonia
独立
1991年9月6日にロシア・ソビエト連邦から独立を宣言
首都
タリン(Tallinn)
面積
45,226km2(129位)
人口
134万人(149位 / 2008年総計)
政治体制
共和制。大統領は議会によって選ばれ、任期は5年。議会(リーギコグ、Riigikogu)は一院制で、任期は4年。2007年2月26日から28日に世界で初めて議会選挙に関してインターネットを利用した電子投票を行っています。
民族構成
フィン・ウゴル系のエストニア人 (Estonians) が68.7%、ロシア人が25.6%、ウクライナ人が2.1%、ベラルーシ人が1.2%、フィン人が0.8%、その他1.6%。
言語
国語・公用語はエストニア語。ウラル語族の言語です。エストニア語は国民の83.4%が母語としていますが、ロシア語を母語とする人も15.3%います。 その他、フィンランド語、ドイツ語、英語、スウェーデン語も比較的よく通じます。
宗教
福音ルター派、正教会など。
通貨
ユーロ (€)(EUR)

スポンサーリンク

-ヨーロッパ
-