ヨーロッパ

フランス国歌「ラ・マルセイエーズ(マルセイユの歌)」(La Marseillaise)

2016/04/26

曲名
ラ・マルセイエーズ(マルセイユの歌) / 仏語: La Marseillaise / 英語:The Song of Marseille
作詞
ルージェ・ド・リール / Claude Joseph Rouget de Lisle(1792年)
作曲
ルージェ・ド・リール / Claude Joseph Rouget de Lisle(1792年)
採用時期
1795年
Paris
Paris / RussBowling

スポンサーリンク

フランスの国歌「ラ・マルセイエーズ(マルセイユの歌)」の解説

フランスの国歌「ラ・マルセイエーズ(マルセイユの歌)」(La Marseillaise)は、もともと18世紀後半のフランス革命の時の革命歌です。マルセイユの連盟兵(義勇兵)が歌って広めたことから、この名前が付けられています。

この曲が書かれたのは、フランス革命政府によるオーストリアへの宣戦布告の知らせがストラスブールに届いた1792年4月25日から翌26日の夜にかけてのことです。

ストラスブールに駐屯していた工兵大尉ルージェ・ド・リールが、出征する部隊を鼓舞するため、たった一夜で作詞・作曲したと言われています。このときのタイトルは『ライン軍のための軍歌』 (Chant de guerre pour l'armée du Rhin) でした。

ルージェ・ド・リール大尉は、この曲を当時のライン方面軍司令官ニコラ・リュクネール元帥に献呈しています。

現在、7節あるうち、最後の節である「子供の歌」のパートは、同年10月に付け加えられ、ジャン=バティスト・デュボワ、マリー=ジョゼフ・シェニエ、デュボワ神父の作と言われています。

その後、テュイルリー宮襲撃の際、パリ入城を果たしたマルセイユ義勇軍によって歌われたのをきっかけとして、現在の『ラ・マルセイエーズ』という名前になり、さらに1795年7月14日には国歌となっています。

第一帝政から王政復古にかけては、「暴君(専制君主)を倒せ」という内容であるため、歌うことは禁止されていましたが、1830年の7月革命以降は解禁となり、第三共和制下で再び国歌に制定されています。

第四共和政の1946年憲法、そして第五共和政の1958年憲法でも『ラ・マルセイエーズ』を国歌として定めています。

1830年にはベルリオーズが独唱者と二重合唱、オーケストラのための編曲を施しています。

Paris
Paris / Moyan_Brenn
Paris
Paris / Moyan_Brenn
Château de Vaux le Vicomte - 01-09-2006 - 16h05
Creative Commons License photo credit: Panoramas Paris Cafe
Paris Cafe / Mr. Mystery

フランス国歌「ラ・マルセイエーズ」の歌詞

フランス語:La Marseillaise

英語訳:The Song of Marseille

日本語訳:ラ・マルセイエーズ(マルセイユの歌)

Allons enfants de la Patrie,
Le jour de gloire est arrivé !
Contre nous de la tyrannie,
L'étendard sanglant est levé, (bis)
Entendez-vous dans les campagnes
Mugir ces féroces soldats ?
Ils viennent jusque dans vos bras
Égorger vos fils et vos compagnes !

コーラス
Aux armes, citoyens,
Formez vos bataillons,
Marchons, marchons !
Qu'un sang impur
Abreuve nos sillons !

Que veut cette horde d'esclaves,
De traîtres, de rois conjurés ?
Pour qui ces ignobles entraves,
Ces fers dès longtemps préparés ? (bis)
Français, pour nous, ah ! quel outrage
Quels transports il doit exciter !
C'est nous qu'on ose méditer
De rendre à l'antique esclavage !

コーラス
Aux armes, citoyens...

Quoi ! des cohortes étrangères
Feraient la loi dans nos foyers !
Quoi ! ces phalanges mercenaires
Terrasseraient nos fiers guerriers ! (bis)
Grand Dieu ! par des mains enchaînées
Nos fronts sous le joug se ploieraient
De vils despotes deviendraient Les maîtres de nos destinées !

コーラス
Aux armes, citoyens...

Tremblez, tyrans et vous perfides
L'opprobre de tous les partis,
Tremblez ! vos projets parricides
Vont enfin recevoir leurs prix ! (bis)
Tout est soldat pour vous combattre,
S'ils tombent, nos jeunes héros,
La terre en produit de nouveaux,
Contre vous tout prêts à se battre !

コーラス
Aux armes, citoyens...

Français, en guerriers magnanimes,
Portez ou retenez vos coups !
Épargnez ces tristes victimes,
À regret s'armant contre nous. (bis)
Mais ces despotes sanguinaires,
Mais ces complices de Bouillé,
Tous ces tigres qui, sans pitié,
Déchirent le sein de leur mère !

コーラス
Aux armes, citoyens...

Amour sacré de la Patrie,
Conduis, soutiens nos bras vengeurs
Liberté, Liberté chérie,
Combats avec tes défenseurs ! (bis)
Sous nos drapeaux que la victoire
Accoure à tes mâles accents,
Que tes ennemis expirants
Voient ton triomphe et notre gloire !

コーラス
Aux armes, citoyens...

(Couplet des enfants)
Nous entrerons dans la carrière
Quand nos aînés n'y seront plus,
Nous y trouverons leur poussière
Et la trace de leurs vertus (bis)
Bien moins jaloux de leur survivre
Que de partager leur cercueil,
Nous aurons le sublime orgueil
De les venger ou de les suivre

コーラス
Aux armes, citoyens...

Let's go, children of the Fatherland (Homeland),
The day of glory has arrived!
Against us, tyranny
Has raised the bloodied banner, (repeat)
Do you hear, in the countryside,
The howling of those ferocious soldiers?
They are coming right into your arms
To slit the throats of your sons and consorts!

コーラス
To arms, citizens,
Form your battalions,
Let's march, let's march!
That impure blood
May water our furrows!

What does this horde of slaves,
Of traitors and conjured kings want?
For whom are these vile chains,
These long-prepared irons? (repeat)
Frenchmen, for us, ah! What outrage
What fury it must arouse!
It is us they dare plan
To return to the old slavery!

コーラス
To arms, citizens...

What! Foreign cohorts
Would make the law in our homes!
What! These mercenary phalanxes
Would strike down our proud warriors! (repeat)
Great God ! By chained hands
Our brows would yield under the yoke
Vile despots would have themselves
The masters of our destinies!

コーラス
To arms, citizens...

Tremble, tyrants and you traitors
The shame of all parties,
Tremble! Your parricidal schemes
Will finally receive their reward! (repeat)
Everyone is a soldier to combat you
If they fall, our young heroes,
The earth will produce new ones,
All ready to fight against you!

コーラス
To arms, citizens...

Frenchmen, as magnanimous warriors,
You bear or hold back your blows!
You spare those sorry victims,
Who arm against us with regret. (repeat)
But not these bloodthirsty despots,
These accomplices of Bouillé,
All these tigers who, mercilessly,
Rip their mother's breast!

コーラス
To arms, citizens...

Sacred love of the Fatherland,
Lead, support our avenging arms
Liberty, cherished Liberty,
Fight with thy defenders! (repeat)
Under our flags, shall victory
Hurry to thy manly accents,
Shall thy expiring enemies,
See thy triumph and our glory!

コーラス
To arms, citizens...

(Children's Verse)
We shall enter in the (military) career
When our elders are no longer there,
There we shall find their dust
And the trace of their virtues (repeat)
Much less jealous to survive them
Than to share their coffins,
We shall have the sublime pride
Of avenging or following them

コーラス
To arms, citizens...

進め 祖国の子らよ
栄光の日は来たれり!
我らに向かって 暴君の
血塗られた軍旗は 掲げられた
血塗られた軍旗は 掲げられた
聞こえるか? 戦場で
獰猛な敵兵の咆哮が
奴らは汝らの元に来る
汝らの子と仲間の 喉を掻ききるため!

コーラス
市民らよ 武器を取れ....
隊列を組め
進め! 進め!
敵の汚れた血で
田畑の畝を満たすまで!

何を望んでいるのか?
奴隷と国賊、陰謀をめぐらす王どもの集団は
誰のために? この卑劣な足枷は
久しく用意されたこの鉄枷は
久しく用意されたこの鉄枷は
フランス人よ これらは我らのためだ ああ!何たる屈辱
それが我らにどれほどの憤激を引き起こすか!
奴らは明確に
我らを昔のような奴隷に戻そうと企んでいるのだ!

コーラス
市民らよ 武器を取れ....

何と! 外国の軍勢が
我らの故郷に来て法を定めるだと!
何と! 金目当ての傭兵の集団が
我らの気高き戦士を打ち倒すだと!
我らの気高き戦士を打ち倒すだと!
おお神よ! 両手は鎖で縛られ
頚木をはめられた我らが頭を垂れる
下劣なる暴君どもが
我らの運命の支配者になるなどありえない!

コーラス
市民らよ 武器を取れ....

戦慄せよ 暴君ども そして国賊どもよ
あらゆる徒党の名折れよ
戦慄せよ! 貴様らの親殺しの企ては
ついにその報いを受けるのだ!
ついにその報いを受けるのだ!
すべての者が貴様らと戦う兵士
たとえ我らの若き英雄が倒れようとも
大地が再び英雄を生み出す
貴様らとの戦いの準備は 整っているぞ!

コーラス
市民らよ 武器を取れ....

フランス人よ 寛大な戦士として
攻撃を与えるか控えるか判断せよ!
あの哀れなる犠牲者を撃つ事なかれ
心ならずも我らに武器をとった者たち
心ならずも我らに武器をとった者たち
しかしあの血に飢えた暴君どもには
ブイエ将軍の共謀者らには
あの虎狼どもには 慈悲は無用だ
その母の胸を引き裂け!

コーラス
市民らよ 武器を取れ....

神聖なる祖国への愛よ
我らの復讐の手を導き支えたまえ
自由よ 愛しき自由の女神よ
汝の擁護者とともに戦いたまえ!
汝の擁護者とともに戦いたまえ!
我らの旗の下に 勝利の女神よ
汝の勇士の声の下に 駆けつけたまえ!
汝の瀕死の敵が
汝の勝利と我らの栄光とを見んことを!

コーラス
市民らよ 武器を取れ....

僕らは自ら進み行く
先人の絶える時には
僕らは見つけるだろう 先人の亡骸と
彼らの美徳の跡を!
彼らの美徳の跡を!
生き長らえるよりは
先人と棺を共にすること欲する
僕らは気高い誇りを胸に
先人の仇を討つか 後を追って死ぬのみ!

コーラス
市民らよ 武器を取れ....

Youtube動画ファイルによるフランス国歌の視聴

フランス語と英語の歌詞付きの合唱バージョンです。

現代を代表する、フランスの有名なテノール歌手、ロベルト・アラーニャ / Roberto Alagnaがフルオーケストラをバックに「ラ・マルセイエーズ(マルセイユの歌) / 仏語: La Marseillaise」を歌ったバージョンです。

同じくロベルト・アラーニャによる歌唱バージョン。

フランスの概要

正式国名
フランス共和国 / フランス語:République française / 英語:French Republic
首都
パリ
面積
643,427km²(47位)
人口
2010年総計 65,447,374人(20位)
政治体制
共和制。直接選挙で選ばれる大統領(任期5年)が、首相の任免権や議会の解散権など強い権限を持っています。議会は、上院に当たる元老院と下院にあたるフランス国民議会の二院制。優先権は国民議会にあり、元老院は諮問機関としての色彩が強い存在です。
言語
1992年からフランス語が唯一の公用語。その他、オック語、ピカルディ語などのロマンス語系の言語が話されている他、ブルターニュではケルト系のブルトン語(ブレイス語)、アルザスではドイツ語の一方言であるアルザス語、北部フランドル・フランセーズではオランダ語系のフランス・フラマン語、コルシカではコルシカ語、海外県や海外領土ではクレオール諸語など77の地域語があります。
宗教
約7割がカトリック。
通貨
ユーロ (€)(EUR)

スポンサーリンク

-ヨーロッパ
-