ヨーロッパ

スロバキア共和国の国歌「稲妻がタトラの上を走り去り」

2015/04/20

曲名
稲妻がタトラの上を走り去り / Nad Tatrou sa bly'ska / Lightning Over The Tatras
作詞
ヤンコ・マトゥーシュカ / Janko Matu's(ka
作曲
不詳(スロバキア民謡)
採用時期
1918年12月13日

スポンサーリンク

スロバキア国歌の解説

スロバキアがハンガリー王国の支配下にあった1844年、スロバキア民族運動の中心的立場にあった知識人活動家・リュドヴィート・シュトゥール(Ľudovít Štúr)がハンガリー当局によって職を追われると、それに対して起こった学生たちの抗議運動が起こりました。

その抗議の行進の中で、「Nad Tatrou sa bly'ska」(稲妻がタトラの上を走り去り)が生まれたと言われています。

歌詞は、ヤンコ・マトゥーシュカ(Janko Matúška)が、スロバキアとポーランドの国境にそびえるタトラ山脈を題材に作詞したもので、メロディーはスロバキア民謡の「彼女は小さな井戸を掘った」(Kopala studienku) から採られています。

この曲は1848年から1849年にかけて、スロバキア解放運動に参加した義勇兵らの間で人気を呼びました。

1918年にオーストリア・ハンガリー帝国が崩壊すると、チェコスロバキア共和国が成立。 1920年に第1節がチェコスロバキアの国歌の一部となり、 チェコの国歌である「我が家何処や」の第1節に続けて、第2節として歌われるようになりました。

1993年にスロバキアが平和裏にチェコとの連邦関係を解消して独立すると、その2節が国歌として定められました。

Bratislava Castle
Bratislava Castle / Kurayba
Trnava Hlavná
Trnava Hlavná / Kurayba
Trnava Nightlife
Trnava Nightlife / Kurayba

スロバキア国歌の歌詞

スロバキア語:Nad Tatrou sa bly'ska

英語訳:Lightning Over The Tatras

Nad Tatrou1 sa bly'ska
Hromy divo biju'
Zastavme ich, bratia
Ved( sa ony stratia
Slova'ci oz(iju'

To Slovensko nas(e
Posial( tvrdo spalo
Ale blesky hromu
Vzbudzuju' ho k tomu
Aby sa prebralo

There is lightning over the Tatras1
Thunders wildly beat
Let us stop them, brothers
After all they will disappear
The Slovaks will revive

That Slovakia of ours
Has been fast asleep so far
But the thunder's lightnings
Are just rousing Her
To be awoken

Youtube動画ファイルによるスロバキア共和国の国歌の視聴

合唱バージョンです。

合唱バージョンです。

スロバキア共和国の概要

正式国名
スロバキア共和国 / スロバキア語:Slovenska' republika / 英語:Slovak Republic
独立
1993年1月1日、チェコとの連邦を解消し、独立。
首都
ブラチスラヴァ
面積
48,845km^(2)(126位)
人口
5,445,000人(106位 / 2011年総計)
政治体制
共和制、議会制。 国家元首の大統領は、直接選挙による選出で任期は5年。 立法府は、定数150の一院制であるスロバキア共和国国民議会で、任期は4年。
民族構成
スロバキア人が85.8%、マジャル人が9.7%、ロマが1.7%、チェック人が0.8%、他。
言語/dt>
公用語であるスロバキア語が話されている他、一部でハンガリー語も使われています。
宗教
カトリックが60.3%、次いで宗教的メンタリティを持たないものが9.7%、プロテスタントが8.4%、ギリシャ・カトリックが4.1%、東方正教会が4.1%、他(2004年センサス)。
通貨
ユーロ (EUR)(EUR)

スポンサーリンク

-ヨーロッパ
-