ヨーロッパ

スウェーデン国歌「古き自由な北の国」

2015/04/27

曲名
古き自由な北の国 / Du gamla, du fria / Thou ancient, Thou free
作詞
リカルド・ディベック / Richard Dybeck
編曲
エドヴィン・カルステニウス
採用時期
-

スポンサーリンク

スウェーデン国歌の解説

「Du gamla, du fria」は、事実上、スウェーデン王国の国歌と見なされていますが、興味深いことに、憲法などで正式に規定されているわけではありません。

この曲は、もともと民族学者で作家でもあったリカルド・ディベック (Richard Dybeck) が1844年に書いた詞を、19世紀の中頃に、スウェーデンの作曲家であるEdvin Kallstenius が、 ヴェストマンランド(Va"stmanland)地方の民謡をもとに、メロディーをつけたものです。

穏やかで荘厳な雰囲気を持ち、詩の前半はスウェーデンの自然を称え、後半はかつてのヴァイキングあるいはバルト帝国のことを歌っているかのような内容です。

当初は、「Sa*ng till Norden」(Song to the North)と呼ばれ、1890年代に愛国的な歌としての人々の間に広まり、1880年代から国歌とみなされるようになりました。

1938年、スウェーデンの公共ラジオ会社は、夕方になるとこの曲を放送するようになり、事実上、スウェーデンの国歌となりました。

一説には、1866年に正式に国歌として採用されたとも言われていますが、現在に至るまで公式な認知はありません。2000年にスウェーデン国会委員会は、この曲を正式な国歌とする提案を、「不必要」としています。

なお、最後の部分の「Ja, jag vill leva, jag vill do" i Norden(我北欧に生き北欧に死すことを欲す)」は、スコーネ地方でアイスホッケーやサッカーの試合前、皆で国歌を歌う場合、この Norden の部分はほとんど必ず Ska*ne と置き換えて歌われます。

Stockholm
Stockholm / Michael Cavén
Stockholm, Approaching Blue Hour
Stockholm, Approaching Blue Hour / Tobias Lindman
Stockholm suburb
Stockholm suburb / Kjell Eson
summer, lake, Sweden... bliss
summer, lake, Sweden... bliss / marktristan

スウェーデン国歌の歌詞

スウェーデン語:Du gamla, Du fria

英語訳:Thou ancient, Thou free

日本語訳:

1.
Du gamla, du fria, du fja"llho"ga Nord,
du tysta, du gla"djerika sko"na!
Jag ha"lsar dig, va"naste land uppa* jord,
din sol, din himmel, dina a"ngder gro"na.

2. Du tronar pa* minnen fra*n fornstora dar,
da* a"rat ditt namn flo"g o"ver jorden.
Jag vet, att du a"r och fo"rblir vad du var.
Ja, jag vill leva, jag vill do" i Norden!

1.
Thou ancient, thou free, thou mountainous North
Thou quiet, thou joyful [and] fair!
I greet thee, most beautiful land upon earth,
/:Thy sun, Thy sky, Thy meadows green.:/

2.
Thou art enthroned upon memories of great olden days,
When honored thy name flew across the earth,
I know that thou art and will remain what thou wert,
/:Yes, I want to live I want to die in the North:/

1.
汝が歴史、汝が自由、汝峰の連なり多き北国。
汝が沈黙、汝喜びあふれた美、我らは汝に挨拶する
地上にありて最も崇高なる汝に
汝が太陽、汝が青空、汝が草原の緑。

2. 汝が玉座は昔の記憶にあり、汝が名が世界を飛翔していた。
時代にあり、我は知っている、
汝が今も昔も変わらずそのままでいることを。
おお、我北欧に生き、北欧に死すことを欲す!

Youtube動画ファイルによるスウェーデン王国の国歌の視聴

男性独唱バージョン。

演奏のみのバージョン。

概要

正式国名
スウェーデン王国 / スウェーデン語:Konungariket Sverige(コーヌンガリーケト・スヴェリエ) / 英語:Kingdom of Sweden
独立
1523年6月6日
首都
ストックホルム(Stockholm[)
面積
449,964km(54位)
人口
9,596,436人(84位 / 2013年総計)
政治体制
立憲君主制。国家元首である国王は国家の象徴であり、儀礼的職務のみを行います。 行政府の長は首相。
民族構成
スウェーデン人85.0%、フィンランド人4.99%、アッシリア人1.30%、その他8.71%。2010年の統計では、全人口の14.3%にあたる133万人が外国生まれで、移民問題は様々な議論を巻き起こしています。
言語
2009年7月からスウェーデン語 (svenska) が正式な公用語に制定。そのほか、フィンランド語、メアンキエリ、ロマ語、サーミ語、イディッシュ語を話す者も少数います。スウェーデン語は隣国のノルウェー語、デンマーク語と類縁関係にあり、スウェーデン語話者とノルウェー語話者は会話程度は可能と言われています。 また、アメリカ英語については1940年後半から義務教育化されており、テレビ番組に米国製番組の字幕版が多いといった文化面の影響も含め、アメリカ英語での会話が可能です。
宗教
72.9パーセント(2008年統計)のスウェーデン人が、ルター派教会組織であるスウェーデン国教会の教会員です。
通貨
スウェーデン・クローナ(SEK)

スポンサーリンク

-ヨーロッパ
-