中南米

キューバ共和国国歌「バヤモの歌」

曲名
バヤモの歌 / La Bayamesa
作詞
ペドロ・フィゲレード / Pedro Figueredo(1868年)
作曲
ペドロ・フィゲレード / Pedro Figueredo(1867年)、アントニオ・ロドリゲス・フェレール / Antonio Rodriguez-Ferrer
採用時期
1902年
havana
havana / fabio.dilupo

スポンサーリンク

キューバ国歌「バヤモの歌」の解説

キューバの国歌「バヤモの歌」(La Bayamesa)は、1867年にキューバのバヤモ市で、ペドロ・フィゲレード(Pedro Figueredo)がフランスの国歌ラ・マルセイエーズを参考にしながら作詞、作曲したものです。

1868年10月10日に始まる第一次キューバ独立戦争で独立派によって歌われ、1869年に独立キューバの国歌となりました。

その後、キューバ共和国とした独立を達成した1902年に正式に国歌として採用されています。

フィデル・カストロが実権を握った1959年のキューバ革命後も、キューバの国旗と同様に国歌は変更されず、今に至るまで、この歌が国歌として使われています。

なお、序奏部分はアントニオ・ロドリゲス・フェレールが作曲しています。

キューバ共和国国歌の歌詞

スペイン語:La Bayamesa

英語訳: The Bayamo Anthem

日本語訳:バヤモの歌

1.
¡Al combate corred, bayameses,
que la Patria os contempla orgullosa;
no temáis una muerte gloriosa,
que morir por la Patria es vivir!

2. En cadenas vivir es vivir
En afrenta y oprobio sumido.
Del clarín escuchad el sonido;
¡a las armas, valientes, corred!

1.
Hasten to battle, men of Bayamo!
The motherland looks proudly to you;
Do not fear a glorious death,
Because to die for the motherland is to live.

2. To live in chains is to live,
In dishonour and ignominy,
Hear the call of the bugle;
Hasten, brave ones, to arms!

1.
戦いへ、急げバヤモの者達よ!
祖国は君達を誇らしげに見つめている
名誉の死を恐れるな
祖国のために死ぬことは生きることなのだから

2. 鎖に縛られ生きることは
屈辱と穢らわしい恥辱の中で生きること
喇叭の響きを聞け
武器を取れ、勇者達よ、走れ!

Cuba Kitsch II
Cuba Kitsch II / phvolmer
Havana vieja
Havana vieja / My Huy Streetphotography
havana
havana / fabio.dilupo
Cuba, La Havane
Cuba, La Havane / Nouhailler
Havana, Cuba
Havana, Cuba / jodastephen
Havana, Cuba
Havana, Cuba / jodastephen

Youtube動画ファイルによるキューバ共和国の国歌の視聴

演奏バージョン。

合唱バージョン。

概要

正式国名
キューバ共和国 / República de Cuba / Republic of Cuba
独立
1902年アメリカ軍軍政から独立。
首都
ハバナ / Havana
面積
110,860km2(103位)日本の本州の約2分の1の大きさです。
人口
1107万5244人(2011年7月)
政治体制
社会主義共和制
公用語
スペイン語
民族構成
ヨーロッパ系25%、混血50%、アフリカ系25%。 ムラートが37%、主にスペイン系の白人が51%、黒人が11%、中国系が1%。
宗教
カトリックが約40%、その他、プロテスタント、エホバの証人、ユダヤ教、民族固有の宗教のサンテリアなど。無信教者が約55%。
通貨
キューバ・ペソ

スポンサーリンク

-中南米
-