中東

レバノン国歌「我ら全ては我が国のため、我が栄光と国旗のため」

2016/12/02

曲名
我ら全ては我が国のため、我が栄光と国旗のため / アラビア語:كلنـا للوطـن للعـلى للعـلم (Kulluna lil-watan, lil’ula lil-’alam) / 英語:Lebanese National Anthem
作詞
Rashid Nakhle
作曲
Wadih Sabra
採用時期
1927年7月12日
Beirut Souks
Beirut Souks / rabiem22

スポンサーリンク

レバノン国歌「我ら全ては我が国のため、我が栄光と国旗のため」の解説

レバノンの国歌「我ら全ては我が国のため、我が栄光と国旗のため」は、Rashid Nakhleによって歌詞が書かれ、Wadih Sabraによって曲が書かれています。

1918年に始まったフランスによるレバノンの占領を経て、1920年9月1日にフランスの委任統治下のもと独立国家レバノンが正式に布告。さらに1926年にレバノン共和国(仏: République libanaise)が誕生した翌年の1927年7月12日、正式にレバノンの国歌として採用されています。

メロディは作曲をしたWadih Sabraがフランスの音楽教育を受けていたためか、アラブの香りはせずに、ヨーロッパの香りがします。

A Heart for Beirut
A Heart for Beirut / rabiem22
Classy Night Life
Classy Night Life / Ahmad Moose
Liban - Les Cèdres - 28-06-2010 - 16h12
Creative Commons License photo credit: Panoramas

レバノン国歌「我ら全ては我が国のため、我が栄光と国旗のため」の歌詞

アラビア語: / アラビア語:كلنـا للوطـن للعـلى للعـلم

ラテン文字表記:Kulluna lil-watan, lil’ula lil-’alam

英語訳:Lebanese National Anthem

كلنـا للوطن للعلى للعلم
ملء عين الزّمن سـيفنا والقـلم
سهلنا والجبـل منبت للرجـال
قولنا والعمـل في سبيل الكمال

كلنا للوطن للعلى للعلم
كلّنا للوطن

شيخنـا والفتـى عنـد صـوت الوطن
أسـد غـاب متى سـاورتنا الفــتن
شــرقنـا قلبـه أبــداً لبـنان
صانه ربه لمدى الأزمان

كلنا للوطن للعلى للعلم
كلنا للوطن

بحـره بــرّه درّة الشرقين
رِفـدُهّ بــرّهُ مالئ القطبين
إسمـه عـزّه منذ كان الجدود
مجــدُهُ أرزُهُ رمزُهُ للخلود

كلّنا للوطن للعلى للعلم
كلّنا للوطن

Kulluna lil-watan, lil’ula lil-’alam
Mil’u ayn az-zaman, saifuna wal-qalam
Sahluna wal-jabal, manbitun lir-rijal
Qawluna wal-’amal fi sabil-el-kamal

Kulluna lil-watan, lil’ula lil-’alam,
Kulluna lil-watan

Shaykhuna wal-fata, ‘Inda sawt-il-watan
Usdu ghaben mata, sawaratn-al-fitan
Sharquna qalbuhu, abadan Lubnan
Sanahou Rab Bouhou Lima Dal Azman

Kulluna lil-watan, lil’ula lil-’alam,
Kulluna lil-watan

Bahruhu barruhu, durratush-sharqayn
Rifduhu birruhu, mali’ ul-qutbayn
Ismuhu ‘izzuhu, munzu kana-l-judud
Majduhu arzuhu, ramzuhu lil-khulud

Kulluna lil-watan, lil’ula lil-’alam,
Kulluna lil-watan

All of us! For our Country, for Glory and Flag!
Our valor and our writings are the envy of the ages.
Our mountains and our valleys, they bring forth stalwart men.
And to Perfection we devote our words and labor.

All of us! For our Country, for our Glory and Flag!
All of us! For our Country

Our Elders and our children, they await our Country’s call,
And on the Day of Crisis they are as Lions of the Jungle.
The heart of our East is ever Lebanon,
May God preserve him until the end of time.

All of us! For our Country, for our Glory and Flag!
All of us! For our Country

The Gems of the East are his land and sea.
Throughout the world his good deeds flow from pole to pole.
And his name is his glory since time began.
The cedars are his pride, his immortality’s symbol.

All of us! For our Country, for our Glory and Flag!
All of us! For our Country

レバノン国歌「我ら全ては我が国のため、我が栄光と国旗のため」の視聴(Youtube動画ファイル)

合唱バージョンです。

演奏バージョンです。

レバノンの概要

正式国名
レバノン共和国 / アラビア語: الجمهوريّة البنانيّة (アル=ジュムフーリーヤ・ッ=ルブナーニーヤ / ラテン文字表記: Al-Jumhūrīyah al-Lubnānīyah / フランス語:République libanaise / 英語:Lebanese Republic 通称、Lebanon
首都
ベイルート(Beirut)
面積
10,400km²(161位)
人口
4,260,000人(123位 / 2011年総計)
政治体制
大統領を元首とする共和制国家。現行の憲法により、宗派ごとに政治権力を分散する体制が取られており、国会の議員数も各宗派人口数に応じて定められています。大統領はマロン派、首相はスンナ派、国会議長はシーア派から選出されるのが慣例となっています。
民族構成
全人口の約95パーセントがアラブ人。ちなみに、紛争などの理由でレバノンの人々はアメリカ大陸、ヨーロッパ、アフリカなど世界中に離散しており、特にブラジルにはレバノンの総人口より多くのレバノン系ブラジル人が住んでいます。
言語
公用語はアラビア語。人口の約95パーセントがアラブ人でアラビア語を話します。その他、かつての宗主国だったフランス語、および英語も広く話されています。
宗教
国民の約40%がキリスト教、約55.7%がドゥルーズ教徒以外のイスラム教の信者です。キリスト教はマロン派(東方典礼カトリック教会の一つ)が多数派です。
通貨
レバノン・ポンド(LBP)

スポンサーリンク

-中東
-