北米

カナダの国歌「オー・カナダ」(O Canada)

2016/11/22

曲名
オー・カナダ / 英語:O Canada / フランス語:Ô Canada / イヌクティトゥット語:ᐆ ᑲᓇᑕ!
作詞
フランス語:アドルフ=バジル・ルーチエ(Adolphe-Basile Routhier)1880年
英語:ロバート・スタンリー・ウィア(Robert Stanley Weir)1908年
作曲
カリサ・ラヴァレー(Calixa Lavallée)1880年
採用時期
1880年
Canada
Canada / palindrome6996

スポンサーリンク

カナダの国歌「オー・カナダ」の解説

カナダの国歌「オー・カナダ」は、ケベック州の作曲家・カリサ・ラヴァレー(Calixa Lavallée)が作曲、ケベック州の判事・アドルフ=バジル・ルーチエ卿(Sir Adolphe-Basile Routhier)がフランス語で作詞しています。

1880年6月24日にケベックの建国記念日の式典で愛国歌として初めて公に歌われています。

この曲における「カナダ人」とは、フランス系カナダ人を指しており、フランス系カナダ人を象徴する曲でしたが、「カナダ」という単語が今のカナダ連邦を意味する単語に変わり、1世紀後の1980年7月1日、「カナダの日」の祝典に国歌として法制化されています。

英語の訳詞は、1908年に現行の歌詞の元となるものがロバート・スタンリー・ウィア(Robert Stanley Weir、ケベック州の法律家)によって書かれています。

その後、1968年に上下院特別合同委員会の勧告により、英語版の歌詞が若干変更されましたが、フランス語版の歌詞は変更されていません。

ところで、カナダの総督、副総督に対する王室歌として「総督歌」(Vice Regal Salute)があります。カナダの王室歌である『女王陛下万歳』の冒頭6小節とオー・カナダの冒頭4小節、末尾4小節を利用して編曲されたもので、総督、副総督が公式の場に登場する場合に演奏されます。

Bibliothèque du Parlement
Bibliothèque du Parlement / Tony Webster
Canada Place
Canada Place / Hub☺
Central Clayoquot Sound, British Columbia, Vancouver Island, Canada --Base for my Sea Otter Story
Central Clayoquot Sound, British Columbia, Vancouver Island, Canada --Base for my Sea Otter Story / SparkyLeigh
Water Falls
Water Falls / michaelnugent

カナダ国歌の歌詞

英語:O Canada

フランス語:Ô Canada

O Canada!
Our home and native land!
True patriot love in all thy sons command.
With glowing hearts we see thee rise,
The True North strong and free!
From far and wide,
O Canada, we stand on guard for thee.
God keep our land glorious and free!
O Canada, we stand on guard for thee.
O Canada, we stand on guard for thee.

Ô Canada!
Terre de nos aïeux,
Ton front est ceint de fleurons glorieux!
Car ton bras sait porter l'épée,
Il sait porter la croix!
Ton histoire est une épopée
Des plus brillants exploits.
Et ta valeur, de foi trempée,
Protégera nos foyers et nos droits.
Protégera nos foyers et nos droits.

Youtube動画ファイルによるカナダの国歌の視聴

合唱バージョン

セリーヌ・ディオンによる独唱バージョン。

Mark Donnelly による独唱バージョン。

カナダの概要

正式国名
カナダ / Canada
首都
オタワ / Ottawa
面積
9,984,670km2(2位)
人口
34,127,000人(36位 / 2010年総計)
政治体制
イギリス国王を国家元首とする連邦立憲君主制国家。イギリス連邦加盟国であり、英連邦王国の一つです。形式的にはカナダ総督がカナダ国王の代理ですが、実質的な首長は総選挙により選出される連邦政府の首相です。政府は議院内閣制。10の州と3の準州があり、州ごとの自治権が強く、それぞれの州に首相、内閣及び議会があります。
民族構成
ヨーロッパ系白人が76.7%、黒人2.9%、先住民4.3%、中南米系やアジア系などを含むその他が16.2%(2011年センサス)。その他の内訳は東アジア系(4.8%)、南アジア系(4.8%)、東南アジア系(2.8%)、西アジア・アラブ系(1.8%)、ラテンアメリカ系(1.2%)、混血(0.5%)、その他(0.3%)。
言語
英語とフランス語が公用語です。連邦政府における英語とフランス語は平等な地位にあります。 なお、国民の約58%が英語、約22%がフランス語を第一言語としており、17.7%が両言語を話すことができます(2006年センサス)
宗教
キリスト教徒が77%(カトリック43.2%、プロテスタント29.2%、正教会・東方諸教会1.6%)、 ムスリムが2%、ユダヤ教徒が1.1%、仏教徒が1.0%、ヒンドゥー教徒が1.0%、シーク教徒が0.9%、無宗教が16.5%(2001年センサス)。
通貨
カナダドル ($)(CAD)

スポンサーリンク

-北米
-,