オセアニア

サモア独立国の国歌「自由の旗」

2014/06/16

曲名
自由の旗 / The Banner of Freedom
作詞
Sauni Iiga Kuresa
作曲
Sauni Iiga Kuresa
採用時期
1962年
Somewhere in Samoa
Somewhere in Samoa / YXO

スポンサーリンク

サモア独立国国歌の解説

サモア王国の国歌「自由の旗 / The Banner of Freedom」は、Sauni Iiga Kuresaによって作詞・作曲されている曲です。

この曲がサモア王国の正式な国歌として採用されたのは、1962年にニュージーランドから独立した時のことです(当時の国名は「西サモア」でしたが、その後、1997年に現在の「サモア独立国」へと国名が変更されています。

歌詞

サモア語

英語訳:The Banner of Freedom

日本語訳:自由の旗

Samoa, tula’i ma sisi ia lau fu’a, lou pale lea!
Samoa, tula’i ma sisi ia lau fu’a, lou pale lea!
Vaai ‘i na fetu o lo’ua agiagia ai:
Le faailoga lea o Iesu, na maliu ai mo Samoa.
Oi, Samoa e, uu mau lau pule ia faavavau.
‘Aua e te fefe; o le Atua lo ta fa’avae, o lota sa’olotoga.
Samoa, tula’i: ‘ua agiagia lau fu’a, lou pale lea!

Samoa, arise and raise your flag, your crown!
Samoa, arise and raise your flag, your crown!
Look at those stars that are waving on it:
This is the symbol of Jesus, who died on it for Samoa.
Oh, Samoa, hold fast your power forever.
Do not be afraid; God is our foundation, our freedom.
Samoa, arise: your flag is waving, your crown!

サモアよ、立ち上がれ、今この昇りゆく旗のもと
サモアよ、立ち上がれ、今この昇りゆく旗のもと
見よ、そのはためきには星たちがちりばめられ
まさにサモアのためにイエス・キリストもお亡くなりになったああサモアよ、
今その船頭が永遠の航海へと旅立つ
恐れるものは何もない、神のご加護と自由があるのだから
サモアよ、立ち上がれ、今このはためく旗のもと

Samoa
Samoa / mikigroup
Samoa - Upolu - Parliament
Samoa - Upolu - Parliament / mrlins
Samoa - Upolu - Traditional building
Samoa - Upolu - Traditional building / mrlins
Apia Cathedral
Apia Cathedral / Cherrie 美桜
Samoa Boat 3
Samoa Boat 3 / daryl_mitchell
Samoa - Challenge Awards Ceremony
Samoa - Challenge Awards Ceremony / US Embassy New Zealand
Try Time - Uganda v Samoa - they got one
Creative Commons License photo credit: claytonjayscott.com

Youtube動画ファイルによるサモアの国歌の視聴

合唱バージョンです。

サモア出身・オーストラリア育ちの女性シンガー、Anne Robertson が歌うバージョンです。

サモア独立国の概要

正式国名
サモア独立国 / サモア語: Mālō Sa’oloto Tuto’atasi o Samoa(マーロー・サッオロト・トゥトッアタシ・オ・サモア) / 英語: Independent State of Samoa
首都
アピア(Apia)
独立
1962年にニュージーランドより独立
面積
2,944km²(167位)
人口
179,000人(187位 / 2008年 総計)
政治体制
選挙立憲君主制と見なされるケースと、憲法を厳密に解釈して共和制と見なすケースがあります。議会は、サモア語でFonoと呼ばれる一院制で、議員の定数は49名。任期は5年。
サモア語、英語が公用語。住民の多くは、口語ではサモア語を話し、公的期間などでは英語で記録。
民族構成
国民の9割以上がポリネシア系のサモア人。サモア人とヨーロッパ人や中国人とのハーフが約7%、ヨーロッパ人が1%弱です。ちなみに、元大関でタレントの小錦の両親の故郷で、親類も多く暮らしています。
宗教
キリスト教が97%で、メソジスト30%、合同教会30%、カトリック20%、モルモン教15%、その他5%。
通貨
タラ(WST)

スポンサーリンク

-オセアニア
-