ガーナの国歌「神よ、祖国ガーナを賛美したもう」

2013年11月4日

ガーナ共和国の国旗
曲名
神よ、祖国ガーナを賛美したもう
英語:God Bless Our Homeland Ghana
作曲
Philip Gbeho(1957年)
作詞
Philip Gbeho(1957年)、Michael Kwame Gbordzoe
採用時期
1957年

» 楽譜をお探しの方はこちらをチェック!

ガーナの国歌「神よ、祖国ガーナを賛美したもう」の解説

ガーナ共和国の国歌「God Bless Our Homeland Ghana」(神よ、祖国ガーナを賛美したもう)は1957年にフィリップ・アベホ(Philip Gbeho)によって作詞・作曲されています。

イギリスから独立してブラック・アフリカ初の独立国となった1957年に国歌として制定されています。

その後、国民の声をより反映した歌詞にしようと、1967年2月24日の革命記念日にコンペティションが開催。学生だったミシェル・クワメ・グボルゾ(Michael Kwame Gbordzo)が書いた新しい歌詞が新たに採用されています。

新しい歌詞は英語で、第3節まであります

アクラ(Accra)

ガーナ

ガーナ
ガーナ

ガーナの国歌「神よ、祖国ガーナを賛美したもう」の歌詞

英語:God Bless Our Homeland Ghana 日本語訳:神よ、祖国ガーナを賛美したもう

Ⅰ.
God bless our homeland Ghana
And make our nation great and strong,
Bold to defend forever
The cause of Freedom and of Right;
Fill our hearts with true humility,
Make us cherish fearless honesty,
And help us to resist oppressors’ rule
With all our will and might for evermore.

Ⅱ.
Hail to thy name, O Ghana,
To thee we make our solemn vow:
Steadfast to build together
A nation strong in Unity;
With our gifts of mind and strength of arm,
Whether night or day, in the midst of storm,
In every need, whate’er the call may be,
To serve thee, Ghana, now and evermore.

Ⅲ.
Raise high the flag of Ghana
and one with Africa advance;
Black star of hope and honour
To all who thirst for liberty;
Where the banner of Ghana freely flies,
May the way to freedom truly lie;
Arise, arise, O sons of Ghana land,
And under God march on for evermore!

1.
神よ、祖国ガーナを賛美せんことを
我々の祖国を偉大で強くせんことを。
大胆に自由と権利の目標を永遠に守らんことを!
我らの心を謙遜で満たし、
我らの心に恐れのない正直さを抱かせんことを!
我らが圧制者の統治に抵抗するよう助けんことを!
いつも私たちの全ての意志と力で!

2.
汝の名前よ! 万歳! おお!ガーナ!
汝に我らは厳粛に誓約するのだから
団結の中で屈せず強い国を共に建てることを
我らの心と力で
夜も昼も嵐の真ん中でも、
どんな困難に直面しても
汝, ガーナを仕えると、
今、この瞬間にも そして永遠に

3.
ガーナの旗を高く揚げ、
アフリカと一つになって進め!
自由を渇望するすべての人々のための
希望と栄光の黒い星
ガーナの旗が自由になびいているところに
自由への道が本当にあらんことを
立ち上がれ, 立ち上がれ, おお! ガーナの息子たちよ!
神の祝福の下に永遠に前進しよう!

ガーナの国歌「神よ、祖国ガーナを賛美したもう」の視聴

演奏バージョンです。

男性歌手、Richie Mensahによる歌唱バージョンです。

ガーナの概要

正式国名
ガーナ共和国
英語:Republic of Ghana。通称:Ghana
独立
イギリスから1957年3月6日に独立。
首都
アクラ(Accra)
面積
238,537km2(77位)
人口
31,732,000人(2021年総計)
政治体制
共和制、大統領制の立憲国家。国家元首である大統領は、国民の直接選挙により選出、任期は4年。首相職はかつてありましたが、現行憲法下では存在しません。立法府は一院制の国民議会。定数230議席の議員は、小選挙区制に基づき国民の直接選挙によって選出され、任期は4年です。
民族構成
アカン(アシャンティ)人が45.3%、モシ・ダゴンバ人が15.2%、エウェ人が11.7%、ガー人が4%、グルマ人が3.6%、グルシ人が2.6%、マンデ・ブサンガ人が1%、その他の民族が1.4%、ヨーロッパ人やアラブ人などその他が7.8%(2000年センサス)
言語
公用語は英語。その他にアカン語、ダバニ語、エウェ語、ガー語などが使われています。
宗教
国民の68.8%がキリスト教徒で、24.1%がペンテコステ派、18.6%がプロテスタント、15.1%がカトリック、その他のキリスト教が11.5%。イスラムが15.9%、伝統宗教が8.5%、その他の宗教が0.7%、無宗教が6.1%(2000年センサス)。
通貨
セディ(GHC)