スリランカの国歌「母なるスリランカ」(Sri Lanka Matha)

スリランカの国旗
曲名
シンハラ語: ශ්‍රී ලංකා ජාතික ගීය(Sri Lanka Matha)
タミル語: சிறீ லங்கா தாயே(Sri Lanka Thaaye)
英語:Mother Sri Lanka
日本語:母なるスリランカ
作詞
アーナンダ・サマラコーン(Ananda Samarakoon)、1940年
作曲
アーナンダ・サマラコーン(Ananda Samarakoon)
採用時期
1951年11月22日

スリランカの国歌「母なるスリランカ」の解説

スリランカの国歌「母なるスリランカ」の作詞・作曲に関しては諸説あります。

今日、広く支持されている見解は、インドの詩人・思想家であるラビンドラナート・タゴール(インド国歌とバングラデシュ国歌の作詞・作曲者)の影響を受けたスリランカの作曲家アナンダ・サマラクーンが作詞・作曲したというものです。

この曲は、当初、「Namo Namo Matha」(Salute! Salute! Motherland、敬礼!敬礼! 祖国!)というタイトルで
した。

シンハラ語の歌詞は、スリランカの自由、そして統一と独立への思いをスリランカに対する賛辞として書かれています。

1940年代、学生たちの間で非常に人気を博しました。

1948年にスリランカがイギリスから独立した後、政府は1950年に国歌を選ぶ作業に入りました。委員会は「Namo Namo Matha」に小さな変更を加えた上で、1951年11月22日に正式に国歌として採用されました。

なお、歌詞はスリランカの公用語であるシンハラ語とタミル語それぞれのバージョンがあります。

シンハラ語では「Sri Lanka Matha」と呼ばれ、タミル語では「Sri Lanka Thaaye」と呼ばれています。

コロンボ / Colombo

コロンボ / Colombo

スリランカ

スリランカ

スリランカの国歌「母なるスリランカ」の歌詞

シンハラ語歌詞のアルファベット表記:Sri Lanka Matha

タミル語のアルファベット表記:Sri Lanka Thaaye

Śrī laṁkā mātā, apa Śrī laṁkā
Namō namō namō namō mātā
Sundara siribarinī
Suræn̆di ati sōbamāna laṁkā
Dhānya dhanaya neka
Mal palaturu piri jaya bhumiya ramyā
Apa haṭa sæpa siri seta sadanā
Jīvanayē mātā
Piḷiganu mæna apa bhaktī pūjā
Namō namō mātā, apa Śrī laṁkā
Namō namō namō namō mātā

Oba vē apa vidyā
Oba maya apa satyā
Oba vē apa śakti
Apa hada tuḷa bhaktī
Oba apa ālōkē
Apagē anuprāṇē
Oba apa jīvana vē
Apa muktiya oba vē

Nava jīvana demine
Nitina apa pubudu karan mātā
Gnāna vīrya vaḍavamina rægena
Yanu mæna jaya bhūmī karā
Eka mavakage daru kæla bævinā
Yamu yamu vī nopamā
Prēma vaḍā sæma bhēda duræra dā
Namō namō mātā, Apa Śrī laṁkā
Namō namō namō namō mātā

Srī laṅkā tāyē – nam Srī laṅkā
Namō namō namō namō tāyē
Nalleḻil poli cīraṇi
Nalaṅkaḷ yāvum niṟai vāṉmaṇi laṅkā
Ñālam pukaḻ vaḷa vayal nati malai malar
Naṟuñcōlai koḷ laṅkā
Namatuṟu pukaliṭam eṉa oḷirvāy
Namatuti ēl tāyē
Namatalai niṉataṭi mēl vaittōmē
Namatuyirē tāyē – nam Srī laṅkā
Namō namō namō namō tāyē

Namatāraruḷ āṉāy
Navai tavir uṇarvāṉāy
Namatere valiyāṉāy
Navil cutantiram āṉāy
Namatiḷamaiyai nāṭṭē
Naku maṭi taṉaiyōṭṭē
Amaivuṟum aṟivuṭaṉē
Aṭalceṟi tuṇivaruḷē

Namatōr oḷi vaḷamē
Naṟiya malar eṉa nilavum tāyē
Yāmellām oru karuṇai aṉaipayanta
Eḻilkoḷ cēykaḷ eṉavē
Iyaluṟu piḷavukaḷ tamai aṟavē
Iḻiveṉa nīkkiṭuvōm
Īḻa cirōmaṇi vāḻvuṟu pūmaṇi
Namō namō tāyē – nam Srī laṅkā
Namō namō namō namō tāyē

英語訳詩:Mother Sri Lanka

日本語訳詩:母なるスリランカ

Thou Mother Lanka,
Oh Mother Lanka we salute, salute, salute, salute Thee!
Plenteous in prosperity, Thou,
Beauteous in grace and love,
Laden with grain and luscious fruit,
And fragrant flowers of radiant hue,
Giver of life and all good things,
Our land of joy and victory,
Receive our grateful praise sublime, we worship, worship Thee.
Oh Mother Lanka! We salute, salute, salute, salute Thee!

Thou gavest us Knowledge and Truth,
Thou art our strength and inward faith,
Our light divine and sentient being,
Breath of life and liberation.
Grant us, bondage free, inspiration.
Inspire us for ever.

In wisdom and strength renewed,
Ill-will, hatred, strife all ended,
In love enfolded, a mighty nation
Marching onward, all as one,
Lead us, Mother, to fullest freedom, we worship, worship Thee
Oh Mother Lanka! We salute, salute, salute, salute Thee!

母なるスリランカ
我らのスリランカ 敬礼せん 敬礼せん 敬礼せん 汝に敬礼せん
豊かに繁栄せし地よ
愛しき優美な地よ
米と果物に満ち
そして輝かしく香り高き花に満ちる
美しき勝利の地よ
我らに命と善を与えし
歓喜と勝利の地よ
我らの称賛を受け給え
我らは汝を拝む 我らのスリランカよ(敬礼せん 汝に敬礼せん)
我らのスリランカ 敬礼せん 敬礼せん 敬礼せん 汝に敬礼せん

汝は我らに知識と
真理を与え給うた
汝は我らの力と
我らの信念なり
汝は我らの光の神性であり
汝は衆生なり
汝は我らに生命と
自由を与えし存在なり
束縛なき信念を与え給え
永遠に我らに与え給え

知恵と力を新たにし
悪意も 憎しみも 争いも過ぎ去る
愛に覆われし強大なる国
全てが団結して前進する
母よ 我らを完全なる自由へと導き給え
我らは汝を拝む 我らのスリランカよ(敬礼せん 汝に敬礼せん)
我らのスリランカ 敬礼せん 敬礼せん 敬礼せん 汝に敬礼せん

スリランカの国歌「母なるスリランカ」の視聴

合唱バージョンです。

子供たちの合唱バージョンです。

演奏バージョンです。

スリランカの概要

正式国名
シンハラ語:ශ්‍රී ලංකා ප්‍රජාතාන්ත්‍රික සමාජවාදී ජන(Sri Lankā Prajathanthrika Samajavadi Janarajaya)
タミル語:இலங்கை சனநாயக சோஷலிசக் குடியரசு (Ilangai Jananayaka Socialisa Kudiarasu)
英語:Democratic Socialist Republic of Sri Lanka。通称、Sri Lanka。
日本語:スリランカ民主社会主義共和国。通称、スリランカ。
首都
スリ・ジャヤワルダナプラ・コッテ(Sri Jayawardenepura Kotte)
独立
1948年2月4日にイギリス連邦内の自治領(英連邦王国)として独立。
面積
65,610km2(119位)
人口
2141万3000人(57位 / 2020年総計)
政治体制
共和制。大統領制と議院内閣制が混合した体制で、国会は議席数225の一院制。
民族構成
シンハラ人が人口の74.9%、タミル人が15.4%、ムーア人が9.2%。その他、混血のバーガー人とユーラシアン、先住民のヴェッダ人、など。(2012年センサス)。
言語
シンハラ語とタミル語が国語かつ公用語。英語も連結語として認められています。日常的には、シンハラ人はシンハラ語、タミル人はタミル語を話しています。
宗教
国民の7割が仏教徒で、次いでヒンドゥー教、イスラム教が信仰されています。キリスト教も1割弱存在しています。
通貨
スリランカ・ルピー(Rs.)
関連記事
アジア
ワールド・トラベラーをフォローする
世界の国歌 – National Anthem