ヨーロッパ

イングランドの愛国歌『希望と栄光の国』と聖歌『エルサレム』

更新日:

イングランドの国歌とスポーツ大会

イングランド(England)は、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(イギリス)を構成する4つの『国』の一つです。因みに、人口は連合王国の83%以上を占めています

イングランドの国歌は、公式に定められたものはありませんが、多くのスポーツではイギリスの国歌『女王陛下万歳』が使用されています。

国際的なスポーツ大会では、イングランド代表の曲として幾つかの曲が使われています。

例えば、イギリス連邦に所属する52の国と地域が参加する総合競技大会『コモンウェルスゲームズ』(Commonwealth Games)では、2010年大会において『エルサレム』を勝利の曲として使用しています。

サッカーのイングランド代表は『女王陛下万歳』を使用しています。

ラグビーのイングランド代表は『女王陛下万歳』を国歌として使用していますが、競技場への入場テーマとしては『希望と栄光の国』を使用しています。

クリケットの国際試合では、イングランド代表は2003年から『エルサレム』を入場曲として使用しています。

ラクロスの国際試合では、イングランドラクロス男子代表は『女王陛下万歳』、女子代表は『希望と栄光の国』を使用しています。

なお、2006年のBBCによる調査によると、『女王陛下万歳』より『希望と栄光の国』がイングランド国歌にふさわしいと考えているイングランド人が55%という結果が出ています。

『女王陛下万歳』については、イギリスの国歌を参照。

イングランドの愛国歌『希望と栄光の国』(Land of Hope and Glory)の解説

曲名
希望と栄光の国 / Land of Hope and Glory
作詞
アーサー・クリストファー・ベンソン(Arthur Christopher Benson)
作曲
エドワード・エルガー(Edward William Elgar)

『希望と栄光の国』(Land of Hope and Glory)は、イギリスの音楽家であるエドワード・ウィリアム・エルガーが作曲した『威風堂々』の第1番メロディに、歌詞をつけた曲です。

作詞はイギリスの詩人・随筆家であるアーサー・クリストファー・ベンソン。

この曲は、もともとイギリス国王・エドワード7世の戴冠式(1902年)を飾る楽曲を委依頼されたエドワード・ウィリアム・エルガーが作曲したものです。

エドワード・ウィリアム・エルガーは、自らの手による行進曲『威風堂々第1番』のメロディに合う歌詞を詩人のアーサー・クリストファー・ベンソンに依頼し、声楽作品『希望と栄光の国』が生まれました。

1901年10月22日、ロンドンのクイーンズホール(Queen's Hall)で初演されると、聴衆から熱狂的な反応があり、当時としては異例の2連続アンコールが巻き起こったと言われています。

楽譜出版社は、エルガーとベンソンに対して独立した楽曲として出版するために、さらに改訂を依頼。

その後、イギリスでは、「第2の国歌」とも称されるほど絶大な人気を博するようになりました。

また、アメリカでは「卒業行進曲」として知られており、多くの高校や大学の卒業式に採用されています。

英語:Land of Hope and Glory

日本語訳:希望と栄光の国

Solo.
Dear Land of Hope, thy hope is crowned.
God make thee mightier yet!
On Sov'reign brows, beloved, renowned,
Once more thy crown is set.
Thine equal laws, by Freedom gained,
Have ruled thee well and long;
By Freedom gained, by Truth maintained,
Thine Empire shall be strong.

Chorus.
Land of Hope and Glory,
Mother of the Free,
How shall we extol thee,
Who are born of thee?
Wider still and wider
Shall thy bounds be set;
God, who made thee mighty,
Make thee mightier yet
God, who made thee mighty,
Make thee mightier yet.

Solo.
Thy fame is ancient as the day
As Ocean large and wide
A pride that dares, and heeds not praise,
A stern and silent pride
Not that false joy that dreams content
With what our sires have won;
The blood a hero sire hath spent
Still nerves a hero son.

独唱
愛でるべき希望の国、汝は戴冠せり。 神は汝を偉大にしたり!
愛され、偉大なるその君主たる額に いまひとたび、汝が冠を戴け。
自由のよりて得たる、汝の等しき御法よ、 そは汝を良く、長く統べたり。
自由により得られし、真実によりて、保たれし、 汝の帝国は強盛となるべし

合唱
希望と栄光の国
其は自由の母よ
我らは汝をいかに称えようか?
我らを産みし汝を。
広大に、いっそう広大に
汝の土地はなるべし
汝を偉大たらしめし者たる神が
いっそう汝を偉大にしますように
汝を偉大たらしめし者たる神が
いっそう汝を偉大にしますように

独唱
汝の名声は時の如く古く
海の如く巨大にして広大なり
恐れず、賞賛も求めぬ誇
厳格にして無口な誇り
父祖が勝ち得たものの夢で満たされる
偽りの喜びにあらず
英雄たる父祖の流した血は
英雄たる息子を元気付ける

イングランドの愛国歌『希望と栄光の国』の視聴(動画ファイル)

合唱バージョンです。

イングランド(England)の概要

国名
イングランド(England)
首都
ロンドン(London)
面積
130,395km2
人口
53,013,000人(2011年総計)。連合王国の人口の83%以上を占めています。
体制
グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(イギリス)を構成する4つの「国」の一つ。
民族構成
ゲルマン民族系のイングランド人、他。
言語
事実上の公用語はイギリス英語。
宗教
キリスト教75.6%、イスラム教1.7%、ヒンドゥー教1%、その他1.6%。特定の宗教を持たない/無宗教20.1%(2000年)。
通貨
UKポンド (£)(GBP)

-ヨーロッパ

Copyright© 世界の国歌 - National Anthem , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.