ミクロネシア連邦の国歌「ミクロネシアの愛国者」(Patriots of Micronesia)

ミクロネシア連邦の国旗
曲名
Patriots of Micronesia (Across all Micronesia)
日本語:ミクロネシアの愛国者
作曲
August Daniel von Binzer(1819年)
採用時期
1991年

ミクロネシア連邦国歌「ミクロネシアの愛国者 / Patriots of Micronesia」の解説

1979年にミクロネシア連邦が主権を回復して以来、「Preamble」という楽曲が国歌として用いられていました。

その後、1986年にミクロネシア連邦は国防と安全保障をアメリカに委託した自由連合盟約国として事実上、独立。国連に加盟して国際社会の一員となった1991年に、「Patriots of Micronesia」(ミクロネシアの愛国者)が正式に国歌として採用されました。

「Patriots of Micronesia」のメロディは、ドイツの学生歌「Ich hab’ mich ergeben」に由来しています。作者はAugust Daniel von Binzer(1819年)。

歌詞も、この「Ich hab’ mich ergeben」を意訳したものが使われています。

なお、ミクロネシアでは「Across all Micronesia」とも呼ばれています。

micronesia

micronesia

ミクロネシア連邦の国歌「ミクロネシアの愛国者 / Patriots of Micronesia」の歌詞

英語

This here we are pledging,
With heart and with hand,
Full measure of devotion
To thee, our native land.

Now all join the chorus,
Let union abide.
Across all Micronesia
Join hands on every side.

We all work together,
With hearts, voice and hand,
Till we have made these islands
Another promised land.

ミクロネシア連邦国歌ミクロネシア連邦の国歌「ミクロネシアの愛国者 / Patriots of Micronesia」の視聴

歌唱バージョンです。

2004年の第9回太平洋芸術祭パラオ大会での、ミクロネシア連邦ヤップのパフォーマ­ンスです。伝統的なダンスと共に歌われています。

演奏バージョンです。

ミクロネシア連邦の概要

正式国名
Federated States of Micronesia
日本語:ミクロネシア連邦
独立
1979年5月10日、ミクロネシア連邦が施行され、主権を回復。
1986年11月3日、国防と安全保障をアメリカに委託した自由連合盟約国として独立。
首都
パリキール(Palikir)
面積
702km²(175位)
人口
104,463人(198位 / 2019年総計)
政治体制
大統領制の連邦国家。大統領の任期は4年で、各州出身議員の間から互選されるという紳士協定による輪番制です。連邦議会は一院制。自由連合盟約により、安全保障及び一部外交上の権限はアメリカ合衆国が保持しています。
民族構成
ミクロネシア系が多数を占めており、その他、ポリネシア系など。日系ミクロネシア人もおり、人口の約2割を占めています。
言語
英語が公用語で、共通語として使われています。その、他チューク語、ヤップ語、コスラエ語、ポンペイ語、ウリシ語、ウォレアイ語、カピンガラマンギ語、ヌクオロ語など。高齢者は日本語を話せる人もおり、日本語由来の単語も多くあります。
宗教
キリスト教信者が多数を占めており、ローマ・カトリックとプロテスタントが半分。また、土着の精霊信仰も色濃く残っていると言われています。
通貨
アメリカ合衆国ドル(USD)
関連記事
オセアニア
ワールド・トラベラーをフォローする
世界の国歌 – National Anthem