アジア

タイ王国の国歌「プレーン・チャート・タイ」

2016/04/26

曲名
เพลงชาติไทย / Phleng Chat Thai / プレーン・チャート・タイ (タイ国歌)/ National Anthem Of Thailand
作詞
ルワン・サーラーヌプラパン (ヌワン・パーチンパヤック) / Luang Saranupraphan
作曲
プラ・チェン・ドゥリヤーン / Phra Jenduriyang (Peter Feit)
採用時期
1939年
The reclining Buddha in Wat Po Bangkok
The reclining Buddha in Wat Po Bangkok / Christian Haugen

スポンサーリンク

タイ王国の国歌『プレーン・チャート・タイ』解説

タイの国歌「プレーン・チャート・タイ」( Phleng Chat Thai)を日本語に訳せば、そのまま「タイ国歌」と言う意味になります。

タイが1932年に絶対君主制から立憲君主制へと移行し立憲革命の数日後に、Phra Jenduriyang (Peter Feit)によって作曲されています。元々の歌詞は、Khun Wichitmatra によって書かれています。

1934年、タイ政府がタイ国歌の募集コンテストを行います。Jangwang Tua Patayakosol が、タイの伝統的なスタイルを持つ「Phleng Maha Nimit」という曲のメロディを書きましたが、より現代的な色彩を持つ「プレーン・チャート・タイ」( Phleng Chat Thai)が採用されたという経緯があります。

1939年にタイの国名が変わったときに、今度は歌詞のコンテストが行われ、Luang Saranuprapan が書いた歌詞が優勝を飾っています。この新しい歌詞を採用した「 Phleng Chat Thai 」は、1939年12月10日に正式に国歌として採用されています。

当時の首相だったPhibunsongkhram は、この国歌を毎日朝8時と夕方6時に演奏するよう決め、それは今日まで続いています。

ところで、タイには「国王賛歌」(タイ語: สรรเสริญพระบารมี/ Phleng Sansoen Phra Barami)呼ばれる、タイの王室を讃える歌があります。王室の関連行事で流される他、街の映画館では必ず映画上映前に流されます。外国人は、この「国王賛歌」を「タイ国歌」と間違えて受け取ってしまいがちです。

タイ国歌は、毎日朝8時と夕方の6時に公共施設、公園、広場、あるいはテレビやラジオで流されます。その間、直立不動直立不動の姿勢を取らなければならないという法律があります。これは、『国王賛歌』が流れている時も同じです。

Bangkok Skyline 2 (explore)
Bangkok Skyline 2 (explore) / Swami Stream
Sunlight Beach / Thailand, Koh Lipe
Sunlight Beach / Thailand, Koh Lipe / flydime

歌詞

タイ語:เพลงชาติไทย

ラテン文字表記:Phleng Chat Thai

英語訳:National Anthem Of Thailand

ประเทศไทยรวมเลือดเนื้อชาติเชื้อไทย
เป็นประชารัฐ ไผทของไทยทุกส่วน
อยู่ดำรงคงไว้ได้ทั้งมวล
ด้วยไทยล้วนหมาย รักสามัคคี
ไทยนี้รักสงบ แต่ถึงรบไม่ขลาด
เอกราชจะไม่ให้ใครข่มขี่
สละเลือดทุกหยาดเป็นชาติพลี
เถลิงประเทศชาติไทยทวี มีชัย ชโย

prà-thêt thai ruam lûeat-núea chât chúea thai,
pen prà-cha rát, phà-thai khŏng thai thúk sùan,
yù dam-rong khong wái dâi tháng muan,
dûay thai lúan măi, rák să-mák-khi,
thai ní rák sà-ngòp, tàe thŭeng róp mâi-khlàt,
èk-kà-rât chà mâi hâi khrai khòm khì,
sà-là lûeat thúk yàt pen chât phli,
thà-loeng prà-thêt chât thai thá-wi mi chai chá-yo.

Thailand unites its people with flesh and blood,
Land of Thailand belongs to the Thais.
Long maintained its sovereignty,
All Thais intend to unite together.
Thais are peace-loving, no cowards at distress.
They shall allow no one to rob them of freedom.
Sacrificing every drop of blood for the nation,
They will serve their country with pride and prestige, full of victory. Chai Yo (Cheers).

タイランド国歌「プレーン・チャート・タイ」をYoutubeで視聴

街中でタイ王国の国歌、プレーン・チャート・タイが流されているときの様子です。

タイ王国の概要

正式国名
タイ王国(The Kingdom of Thailand)
首都
バンコク
面積
51万4000平方キロメートル
人口
6717万6,820人(20位 / 2014年総計)
政治体制
立憲君主制で、国王が国家元首。国政の最高責任者は首相。 2014年にプラユット将軍が、軍事クーデターを起こし、憲法と議会を廃止して実権を掌握して以来、政党政治を禁止する軍事政権が続いています。活動を停止させられている国会は、上下二院制の議会制民主主義。
民族構成
タイ族75%、華人14%、その他、マレー族、クメール族、カレン族、ミャオ族、モン族、ヤオ族、ラフ族、リス族、アカ族など。
言語
タイで話されている主な言語は、タイ語、北タイ語、南タイ語、イーサーン語、閩南語(潮州語)、クメール語(スリン・クメール語(英語版))、ジャウィ語。
宗教
仏教(南方上座部仏教)95%、イスラム教3.8%、キリスト教0.5%、ヒンドゥー教0.1%、その他0.6%。王室を始めタイ国内の多くは上座部仏教ですが、ヒンドゥー教や精霊信仰を加味した独特の仏教になっています。なお、西暦も併用されていますが、現在もタイ仏暦(仏滅紀元、タイ暦)が主に使用されています。
通貨
バーツ(THB)

スポンサーリンク

-アジア
-