アジア

東ティモール民主共和国の国歌「故国」

投稿日:

東ティモールの国旗
曲名
祖国
ポルトガル語:Pátria
作詞
Francisco Borja da Costa(1975年)
作曲
Afonso de Araujo(1975年)
採用時期
2002年

» 楽譜をお探しの方はこちらをチェック!

東ティモールの国歌「祖国」の解説

東ティモールの国歌「Pátria」(祖国)は、1975年にFrancisco Borja da Costaによって作詞され、Afonso de Araujoによって作曲されています。

東ティモールがいまだポルトガルの植民地だった時代の1975年11月28日、東ティモール民主共和国としてポルトガルからの独立を宣言した際に初めて使用されました。

しかし、東ティモールは1975年12月7日にインドネシアからの侵略を受け、その後、1999年のインドネシア撤退及び国連東ティモール暫定統治機構の管理下による独立への移行しました。

その後、2002年5月20日にインドネシアより独立(国際法上はポルトガルより)独立する際に国歌として採用されました。

Francisco Borja da Costによる歌詞は、ポルトガル語で書かれており、テトゥン語版は作られていません。

なお、作詞を手掛けた詩人のFrancisco Borja da Costは、インドネシアからの侵略を受けた日に亡くなっています。

Timor Timor

東ティモールの国歌「故国」の歌詞

ポルトガル語:Pátria

日本語訳:祖国

Pátria, Pátria, Timor-Leste, nossa Nação.
Glória ao povo e aos heróis da nossa libertação.,
Pátria, Pátria, Timor-Leste, nossa Nação.
Glória ao povo e aos heróis da nossa libertação.,
Vencemos o colonialismo, gritamos:
abaixo o imperialismo.,
Terra livre, povo livre,.
não, não, não à exploração.
Avante unidos firmes e decididos.
Na luta contra o imperialismo
o inimigo dos povos, até à vitória final.
Pelo caminho da revolução.

祖国、祖国、我らの国東ティモール
人民に栄光あれ、我らの解放の英雄たちに栄光あれ
祖国、祖国、我らの国東ティモール
人民に栄光あれ、我らの解放の英雄たちに栄光あれ
植民地主義に勝利しよう、そして叫ぼう、
帝国主義を打倒せよ、と
自由な地、自由な人民
もはや決して、決して、決して搾取されない
固く団結し、決意して前進しよう
帝国主義との戦いに
諸民族の敵との戦いに、最後の勝利の日まで
革命の道筋に沿って

東ティモールの国歌「故国」の視聴

合唱バージョンです。

演奏バージョンです。

東ティモールの概要

正式国名
東ティモール民主共和国
テトゥン語:Republika Demokratika Timor Lorosa'e
ポルトガル語:República Democrática de Timor-Leste
英語:Democratic Republic of Timor-Leste、略称:Timor-Leste
独立
2002年5月20日にインドネシアより独立(国際法上はポルトガルより独立)。
首都
ディリ(Díli)
面積
15,007km2(154位)
人口
1,133,000人(153位 / 2008年総計)
政治体制
国家元首である大統領は象徴的な存在で、行政府の長である首相は、議会での選出後、大統領が任命します。立法府は、一院制の国民議会。
民族構成
メラネシア人が大部分を占めており、その他華僑(客家)、印僑(インド系移民)、ハーフカスト(ポルトガル人とメラネシア人の混血)、など。
言語
テトゥン語とポルトガル語が公用語です。インドネシア統治期に教育を受けた1960年代から1980年代半ばにかけて生まれた世代ではインドネシア語も使われています。
宗教
キリスト教が99.1%を占めており、アジアではフィリピンと並んでキリスト教信仰が盛んな国です。
通貨
アメリカ合衆国ドル(USD)

関連記事

-アジア
-

Copyright© 世界の国歌 - National Anthem , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.