モロッコ王国の国歌「国王万歳」

モロッコの国旗
曲名
国王万歳 / النشيد الوطني المغربي / Hymne Chérifien
作詞
Ali Squalli Houssaini(1970年)
作曲
Léo Morgan(1952年)
採用時期
1956年

モロッコ王国の国歌「国王万歳」の解説

モロッコ王国の国歌「国王万歳」(النشيد الوطني المغربي / Hymne Chérifien)は、フランスの保護領時代の1952年頃、フランス軍将校であり、モロッコ王室近衛隊の音楽長であったレオ モーガン(Léo Morgan) によって作曲されています。

この曲は、フランスから独立する以前から広く知られるようになり、モロッコがフランスから独立した1956年に国歌として採用されています。

当初は歌詞はありませんでしたが、1970年にメキシコで開催されたサッカーのワールドカップにモロッコ代表チームが初めて出場した後、歌詞を書くというアイデアが提案されました。

当時の国王であったハッサン2世のコンペで、作家のアリ・スクアリ・ウサイニ(Ali Squalli Houssaini)が書いたアラビア語の歌詞が選ばれたと言われています。あるいは、国王から直接、依頼されて歌詞を書いた、とする説もあります。

Marrakech people (Morocco)
Marrakech people (Morocco) / Ahron de Leeuw

Morocco-2017-738
Morocco-2017-738 / CucombreLibre

Marrakech, Morocco
Marrakech, Morocco / jafsegal (Thanks for the 3 million views)

Place Jemaa el-Fna - Marrakech - Morocco - Maroc - Maroko - Μαρόκο - Fas - Marruecos - Marokko - Марокко - Night - Nuit - Photo Image Photography
Place Jemaa el-Fna – Marrakech – Morocco – Maroc – Maroko – Μαρόκο – Fas – Marruecos – Marokko – Марокко – Night – Nuit – Photo Image Photography / www.SuperCar-RoadTrip.fr

Essaouira, Morocco
Essaouira, Morocco / CarolineG2011

Playa de las cuevas, Asilah
Playa de las cuevas, Asilah / И. Максим

モロッコ王国の国歌「国王万歳」の歌詞

النشيد الوطني المغربي

ラテン文字表記: An-Našīd aš-Šarīf

منبت الأحرار
مشرق الأنوار
منتدى السؤدد وحماه
دمت منتداه وحماه
عشت في الأوطان
للعلى عنوان
ملء كل جنان
ذكرى كل لسان
بالجسد
هب فتاك
لبي نداك
في فمي وفي دمي
هواك ثار نور ونار
اخوتي هيا
للعلى سعيا
نشهد الدنيا
أنا هنا نحيا
بشعار
الله الوطن الملك

manbita al ahrar
machriqa al anwar
mountada sou’dadi wa himah
doumta mountadah wa himah
ichta fi l awtan
liloula ounwan
mil’a koulli janane
dikra koulli lissane
birrouhi
biljassadi
habba fatak
labba nidak
fi fami wa fi dami
hawaka thara nour wa nar
ikhwati hayya
liloula sa’aya
nouch’hidi dounya
anna houna nahya
bichia’ar
Allah, AlWatan, AlMalik

英語訳: Cherifian Anthem

日本語訳: 国王万歳

Fountain of Freedom,
Rising Place of the Light.
Forum of Independence and its protector.
Long live as the Forum of Independence and as its protector.
Long live among homelands,
As their emblem
Filling all hearts.
With memory for all languages,
With the spirit,
With the body,
Your son has come,
To answer your call.
In my mouth and in my blood,
Your love was stirred up as light and fire.
Let’s go brothers!
Running for the summit!
Make the world witness,
That we here live
With an emblem of:
God, homeland and king.

自由人が溢れる光輝く大地よ
すべての偉大なるものの邂逅と砦たる場所よ
汝は常に邂逅と砦たる場所として留まっておくれ
愛に育まれた祖国の中の祖国 栄光のシンボルよ
その記憶はすべての人々の心に
その名はすべての人々の唇に宿る
魂と肉体を備えた若き英雄は
汝の呼びかけに応じて立ち上がった
そのとき 我が唇に 我が血潮に
燃えさかる炎のごとく情熱が湧き起こった
我らがここに生きていることを 記そう世界に
神 祖国 王のスローガンのもとに

モロッコ王国の国歌「国王万歳」の視聴

合唱バージョンです。

男性陣による合唱バージョンです。

演奏バージョンです。

モロッコの概要

正式国名
モロッコ王国。通称:モロッコ
アラビア語: المملكة المغربية(Al-Mamlaka al-Maghribiya)
ベルベル語:ⵜⴰⴳⵍⴷⵉⵜ ⵏ ⵍⵎⵖⵔⵉⴱ
英語表記: Kingdom of Morocco
独立
1956年にフランスから独立
首都
ラバト(Rabat)
面積
446,550km²(57位)
人口
3691万1000人(40位 / 2020年総計)
政治体制
国王を元首とする立憲君主制。国王は、憲法によって議会の解散権や条約の批准権を認められており、軍の最高司令官。2011年の「アラブの春」の影響により憲法が改正され、国王の権限縮小と首相の権限が強化されています。議会は1996年から両院制に移行し、下院は5年の任期で定数は325議席。上院は6年の任期で定数は90から120議席です。なお、モロッコはアフリカ大陸で唯一、アフリカ連合非加盟国です。
民族構成
人口の約2/3がアラブ人、1/3がベルベル人あるいはその混血と言われています。モロッコ政府は、両者はモロッコ人であるという考え方の元、民族ごとの統計は行われていません。
言語
公用語はアラビア語とベルベル語。国民の多くは、日常生活でアラビア語モロッコ方言を話しています。フランスの保護領だったことからフランス語が第二言語として教えられており、幅広く使われています。山岳地帯では、タマジグトと総称されるベルベル語が話されています。また、タンジールなど北端部の都市はスペインの影響が強く、スペイン語も通じます。
宗教
1961年にイスラム教が国教とされ、イスラム教スンニ派が99%を占めています。
通貨
モロッコ・ディルハム(MAD)
関連記事
アフリカ
ワールド・トラベラーをフォローする
世界の国歌 – National Anthem